ダイエット 筋トレ メニュー

ダイエット中の筋トレメニューなどについて。筋トレを行うことで太りにくい体質に変えていくことが出来るので、余裕があれば取り組んでいきましょう。

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ダイエット 筋トレ 食事

JUGEMテーマ:ダイエット

筋トレを取り入れたダイエットをしていきたいなら、食事のメニューも意識していきましょう。

と言っても、意識するのは『たんぱく質の摂取』だけです。
もちろん、低カロリーで栄養バランスが取れた食事をしている前提ではあります。
でないと、体重が落ちていかないですからね。

たんぱく質は、筋肉の素になりますので、筋肉量の少ない女性は特に積極的に摂取していくようにしましょう。

筋肉は脂肪を燃やす働きをしてくれるので、筋肉量が増えることで、痩せやすく、そして太りにくい体質に変えていくことが出来ます。

また、筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。
この成長ホルモンは体脂肪を分解する働きをしてくれるので、有酸素運動の前に行うことで、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るのです。

ちなみに、成長ホルモンは若返りホルモンとも言われていて、美容やアンチエイジング効果もありますので、女性にとっては嬉しいホルモンですよ。

無理の無い範囲で筋トレを行っていって、効率よくダイエットを進めていきましょう。

もし、食事から摂取するのが難しいというのであれば、プロテインの利用もいいですね。
プロテインはたんぱく質という意味ですから、食事では摂れなかったたんぱく質の摂取も簡単に行っていくことが出来ます。
試してみるのもいいのではないでしょうか。

 

 

 

ダイエット 筋トレ 男

JUGEMテーマ:ダイエット

男性だとどちらかというと、ダイエット方法は筋トレ中心になるかもしれないですね。

元々筋肉量は女性よりもあるので、有酸素運動を行っていけば、脂肪は燃やしていきやすいです。
より効率よくダイエットを進めていくためにも、筋トレは出来るだけ毎日行っていけるといいのではないでしょうか。

筋肉があれば、体格も変わりますし、しっかりとした体型の人は女性にモテることも多いですからね。
無駄な肉は落としつつ、必要な筋肉で適度な逆三角形の体型を作っていってみてはどうでしょうか。

筋トレ初心者は胸の筋肉から鍛えていくといいと言われています。
胸筋は上半身の中で大きい筋肉になりますし、腹筋とは向きが違うので、筋トレの効果が分かりやすいのだそうです。
すぐに効果が出てきやすいとも言われていますので、モチベーション維持にもなりますよ。

また、筋肉は1度使うと回復するのに72時間必要になるので、毎日胸筋トレーニングをしていくことは出来ません。
出来なくはないですが、怪我をする可能性が高くなりますので、避けた方がいいと思いますよ。

ダイエット中は特に毎日筋トレを行っていった方がいいですから、3日毎のローテーションにしていけるといいですね。
胸→腹→背中→胸、というように回転させていくことが出来れば、怪我をする可能性を低くしつつ、毎日筋トレが出来ますよ。


 

 

ダイエット 筋トレ 効果

JUGEMテーマ:ダイエット

ダイエット中の筋トレの効果は

『脂肪分解』
『脂肪燃焼』

というものですね。

筋肉には、脂肪を燃やす効果があるというのは聞いたことがあると思います。
筋肉があれば、痩せやすい体質になりますし、太りにくくもなっていきますよ。

そして、筋トレを行うと成長ホルモンというホルモンが分泌されるのですが、この成長ホルモンは脂肪を分解する働きをします。
有酸素運動が脂肪を燃やしてくれますので、運動前に筋トレを行うことで、より脂肪を燃やしやすくしていくことが出来るのです。

ダイエット中であれば、脂肪を燃やしやすくするために筋トレは効果的です。
目標体重になったあとは、その体型・体重を維持していきやすくするために筋トレを行っていけるといいですね。

また、筋トレを行うとやはり体を引き締める効果があります。
スタイルが良くなりますので、お腹や足の筋肉は鍛えておいた方が、スラリとしたシルエットの綺麗な体型を作っていくことが出来ますよ。


 

ダイエット 筋トレ 器具

JUGEMテーマ:ダイエット

筋トレの効率を良くする器具もありますので、ダイエット中はそういったものを利用してみるのもいいと思いますよ。

そもそも、筋トレを行うために器具が必要なやり方もありますが、腕の筋肉を鍛えていくためにダンベルを使っていくというものが多いです。
ただ、ダンベルの代わりにペットボトルに水を入れて代用している人もいますので、器具をわざわざ買う必要も無いとは思います。

ですが、筋トレ自体が苦手だったり、正しい姿勢だとかが難しくて分からないという人は、筋トレのサポートをする器具を利用してみるのもいいと思いますよ。
あとは、器具を購入することで、「やらねばならない」という意識が働くこともあるので、ダイエットを以前より継続していきやすくなるかもしれませんよ。

ちなみに、ダイエット器具の中で人気が高いのは「ワンダーコア」のようですね。
CMも流れていますし、話題にもなっていたので、知っている人も多いのではないでしょうか。
スマートならAmazonで1万円ちょっとで購入出来ると思いますので、考えてみるのもいいと思いますよ。

腹筋以外の筋トレにも使えますので、全身の筋肉量を増やしていって、痩せやすい体質になっていってみてはどうでしょうか。

 

 

 

ダイエット 筋トレ お腹

JUGEMテーマ:ダイエット

お腹周りが気になるからダイエットを始める人も多いと思います。
そういう人には、食事制限による摂取カロリーの調整などもいいとは思いますが、筋トレを行っていくのもいいですね。
その方が効率よくお腹をへこましていきやすくなりますよ。

お腹が出てしまう理由の一つは、内臓を支えている筋力の低下です。
支えることが出来なくなって、内臓が下がってしまって、その分お腹が出てしまうのです。

筋トレを行うことで、腹筋を鍛えて、内臓を元の場所に押し上げることで、お腹をへこましていくことも出来ますよ。

仰向けになって上半身を何度も起こす腹筋よりは、仰向けの状態から足を上げて、なるべく低い位置で浮かせたままキープする方法がおすすめです。
腹筋を使っている意識がしやすいですよ。
最初は高めでもいいですが、徐々に下げていくことが出来るといいですね。

また、お腹が出てしまう理由のもう一つが便秘である可能性もあります。
最近のお通じ事情を思い返してみて、思い当たることがあるのでしたら、腸内環境が良くなるサプリや食事を意識していくとお腹をへこませることが出来るかもしれませんよ。